Style* a

mach540.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 20日

別れの時

30キューブ水槽のCRSのはすでに100匹以上を数え、あきらかに水槽のスペックを越える生体数になりましたので、買取りをしてくれるショップへ1cmを超えるサイズを選び50匹里子に出しました
d0020436_2194536.jpg
我が家から旅立つ直前。 いままでありがとー!


残されたCRSは、みな小さいので50匹もいなくなると、かなり寂しい感じがします。エサを与えてもエビ団子も見れず癒し度ダウンですが、まだ2匹抱卵CRSが居ますので涙を飲んでの決断です。

選別して移す時はサイズや、グレードを見ながらの作業でしたので結構な時間がかかりました。しかも小さいアミを持っていなかったので狭い空間を大きなアミであちこちぶつけながらの作業は非常に効率が悪かった為、小さいアミを購入しておこうと思います。


ショップに持っていくと、数を数え一応グレードも考慮に入れ一匹80円×52匹で4160円分の商品券と交換になりました。これで、我が家で繁殖したCRSは色々な人に買われていくと思うとなんだか不思議な気持ちです。

d0020436_2135408.jpg
で、この引き換えてもらった商品券ですが
期限が1ヶ月で、お釣りも出ないという事と、次にこのショップにいつ来るか分からないので買い物してきてしまいました

アイアンボトムは、ちょっと余計だったかも?と思いながらも逆サーモやCO2ボンベ、そして小さめのアミなど、必要な物を中心にセレクト。 そして商品券分を軽くオーバーして買い物終了。

本当はCRSのグレードアップも検討していたんですが、それほど良い個体も見つからず、今回は見送りました。

家に帰って水槽を覗くと、CRSが減っていてやっぱり寂しいものですね。
でもこれから稚エビもまだまだ増えていくのでそれまで我慢です。
・・といっても増えたらまた里子に出す予定です。なんだかんだ言っても貧乏アクアリストにはこういったシステムは、助かります。
あとは、良い飼い主にめぐりあえるのを願うばかりです。
[PR]

by mach540 | 2005-07-20 21:46 | 30cmキューブ水槽


<< ランナー      生物兵器投入 >>