<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 28日

シュリンプハウス

最近めっきり育たなくなった稚エビ保護の為
穴開き流木を購入
d0020436_21254826.jpg

実はMFFのエビ全滅してしまいました。綺麗なエビには、とても未練がありますが今は、まだ、今まで飼っていたエビ達でもう一度スキルを上げていきたいと思います
[PR]

by mach540 | 2005-11-28 21:29 | レイアウト
2005年 11月 26日

引越し

アクリル30cm水槽で飼っていた低グレードのCRSが最近どうも共食いが多く
数も減ってきてしまったので抱卵エビ十数匹と、比較的綺麗なオスらしきCRS2匹を残し60cm石組水槽に引越しを行いました
d0020436_0575530.jpg






選別中はすごいエビ密度に・・・







そして3時間程度かけ慎重に水あわせして50匹以上のCRSを投入
d0020436_1815551.jpg

う~ん全体写だとわかりずらいですね CRSの色落ちが激しくて目立たないのか!? (汗)

せっかく水草の調子が落ち着いてきた60cm石組水槽なので
たくさんのエビを入れることによる弊害が心配ですが、ママエビ保護、稚エビ確保の為しばらく様子を見てみたいと思います。

d0020436_18265422.jpg

グレード的にはこんな感じが殆どです。
ショートヘアーグラスばかりでエビが歩きづらそう


d0020436_1833572.jpg

コリタブを入れてみましたが、シャイなエビたちばかりで水槽全面に来てくれません
う~んエビ的には、この水槽、隠れる場所少なくてストレス溜まりそうですね。

でもこの環境でも以前は8匹程CRSの抱卵実績があるので、ママエビ発見次第随時30cm、抱卵&稚エビ水槽に移していきたいと思います




d0020436_18345027.jpg


ピグミー接近中!
[PR]

by mach540 | 2005-11-26 18:39 | 60cm水槽
2005年 11月 22日

濾過強化運動

30キューブCRS水槽崩壊後、再度水槽立ち上げにあたり、濾過層の強化を図りました。
例のごとく、ネットでお買い物。
d0020436_0113882.jpg

主な買い物は・・・・
エーハイム サブフィルター 2213 +サブストラット プロ ラージ 3リットル
ダブルタップ
テトラ--テトラ P―1フィルター
粗目フィルターパッド
コトブキ--ろ材ネット
ディフューザー
その他色々・・・

以前はEXパワーフィルターとメーカー不明の細目スポンジフィルターのシステムでしたが
テトラ P―1フィルター + サブフィルターの追加により大幅な濾過の強化が期待でき、
メンテナンス時の魚へのストレスも軽減されると思います。

では、早速設置準備を・・・

まず器具と濾材を水で洗います。そしてサブフィルター2213に粗目フィルターパッド・ウールマット・濾材ネットに入れたサブストプロ2L程入れて汲み置き水を入れフタをします。
そしてメンテナンスしやすいようにダブルタップを使用して、EXパワーフィルターと2213を設置。

d0020436_0342458.jpg



疲れたので うまい棒を食べて休憩




給水スポンジはテトラP-1フィルターに変更。その際、見えるところの配管に、余っていたステンパイプを使用してみました。
しかしP-1フィルターでか過ぎ! エビ飼育の定番スポンジフィルターなのですが、ちょっと30キューブには主張が強すぎるのでバックスクリーンを黒にして、少しだけ目立たないようにしてみました。
排水側には酸素供給用にディフューザーを接続。水流が強すぎるのでストレーナーを被せて対応。(機会があったら別に紹介します。)

これで器具の設置終了です。

そして器具の接続状況をもう一度確認して、
スイッチオン!
バッチリ、水漏れも無く稼動してくれました。
水流も、充分な流量が確保出来、確実に濾過の強化が図れたと思います。



d0020436_11713.jpg

モス・ミクロソリウムナロー・等を、適当に配置(固定はしてません)
多分後で撤去してしまうであろう、流木も置いてみました。
てことで完了です。,

なんだかんだ言ってやっぱりレイアウトしてしまいました。
でもいい加減、溶岩石レイアウトも飽きてきたな~
ソイルもっと山盛りにしたら面白いんだろうけど、エビ水槽にはこれぐらいの薄いソイルがメンテナンスしやすくて良いからしょうがないけど・・・
[PR]

by mach540 | 2005-11-22 01:05 | 30cmキューブ水槽
2005年 11月 19日

CRS復活に向け・・

CRS復活に向け、30キューブをとりあえず復活させりことにしました。
ちなみに濾材・溶岩石は、良く洗い、煮込んだ後天日干しにして、フィルター、水槽、ホース等、すべて綺麗に洗浄済みです。

本来ならば、レイアウトを楽しみたいところですが、今回はエビ再起をかけての立ち上げですので、レイアウトに関しては、簡単なもので水草も、モス・ナナ・ミクロソリウム程度 ちょっとつまらん水槽です・・・
d0020436_0335134.jpg


あとは、水が出来上がるのを待ち、60水槽から生き残ったCRSを移すだけです
[PR]

by mach540 | 2005-11-19 00:50 | 30cmキューブ水槽
2005年 11月 15日

ピタリ適温

30キューブ、一時休止中ですが、再開時に前々から購入していたピタリ適温2号を保温器具として使う為に、本当に適温になるか実験してみようと思います

ちなみにピタリ適温とは、
■外気温に応じてマットの表面温度が自動的に変わり、水槽内の温度がピタリ適温25度~29度になる最先端テクノロジーです。(ただし、マットの表面温度は約35度~40度)

■真冬の温度の出力不足や春秋の暖かい日の温度の上がり過ぎをカバーします。

■生物の成長にもっとも必要な遠赤外線(育成光線)を放射します。

■取り付け方により、設定温度以外高低いずれにも温度調節ができます。
*水に浸してのご使用はできません。

安全自動制御  遠赤外線温熱マット 自己消火性機能
d0020436_18503565.jpg


ちなみに私の購入したサイズは2号で22×25㎝です。
ちょっと小さいですがこの上は43×25㎝で30キューブだと大きすぎます

実験環境は、私の部屋の中です
d0020436_18531424.jpgピタリ適温の設置方法は、スポンジマットの上に直接敷き、その上に水槽を直接置きました。

この方法だと、センサーの出っ張りが邪魔でヒーターの部分に全面が当たりません
それに水槽槽より小さいマットヒーターですので、水槽に負担がかかっていしまいます
本来なら、ピタリ適温の無い部分には、何か隙間を埋めないとダメだと思います

実験ということもあり水槽に負担かからないように水槽には3分の1程度の水を入れて、フタをして、一日置いて結果を待ちます。








一日経過しました。
水温計の誤差が考えられますので、水温計は一つで
ピタリ適温を設置した水槽の水温と 何もヒーターを設置していない水槽で計測してみました
d0020436_1972795.jpg

結果は・・・
ピタリ適温の設置した水槽の水温は約19.5度。
そして何もヒーターの無い水槽の水温が約16度。

私の部屋では、約3.5度の水温上昇が確かめられました。


「23度くらいまで行ってくれれば!」との願いもむなしくこういう結果となりました。

私の部屋では、メインヒーターとしては出力不足みたいです。冷えないように水槽周りなど工夫をすれば、多少は、水温低下が防げそうですが、冷え込んだ日にはちょっと対応しきれないと思われます
常時暖かい部屋でしたら、ヒーターとして活躍してくれそうですが実際使ってみないことにはなんとも言えませんので・・・

私なりの結論(私の部屋で使用した場合)としては、
アクアに利用するなら基本的に補助ヒーターとして使う(水槽の底冷が防げ水草の生長に良いのでは?)
暖かい部屋ならこれだけでもOKかも?ってとこですね


この商品を検討していた方もいらっしゃるみたいなのであくまでも参考までに・・・
[PR]

by mach540 | 2005-11-15 19:26 | 便利グッズ・DIY
2005年 11月 14日

昇仙峡

今日は画像ばかりです。しかもアクアではありません!

山梨県の甲府・昇仙峡に行ってまいりました 。

昇仙峡は、「全国観光地百選」の渓谷の部で1位に選ばれた景観を誇り、約4kmにわたって続く渓谷には、主峰の覚円峰(かくえんぼう)のほか珍しい岩や数々の美しい滝が点在します。
標高差があるため1ヶ月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめるそうです。


d0020436_19305717.jpg
昇仙峡の主峰『覚円峰』はその昔 覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。
d0020436_1931732.jpg
別のアングルから・・・ すごい迫力です。 日本では無いような錯覚を起こしました
無理やりアクアネタに繋げるならば、やはり石組みでこんなの再現してみたい!


d0020436_193116100.jpg
これはなんて名前なのかわからないけどすごい景色です
写真で見るとスケール感が伝わらないと思いますがかなりデカイ!


d0020436_19312411.jpg
谷間を流れる川です。紅葉のタイミング的には?でしたがこの景色を見れただけでも満足でしたよ。

d0020436_20211447.jpg
岩がデカイんです。 人がこんなに小さい・・・・・


d0020436_19314281.jpg
とても良い天気で写真日和でしたが、うまく撮影できませんでした。
でも紅葉しているところは綺麗でしたよ!
いい時に行ったらすごいんでしょうね


d0020436_19315051.jpg
本当は綺麗に紅葉している、もみじもあったのですが見事にピンボケ(汗)


d0020436_193158100.jpg
こんなの売られていました。 すごいお値段! 誰か買うのでしょうか?

っというわけで、写真で簡単に済ませてしまいましたが
とても迫力があり、一見の価値ありです! ぜひ一度どうぞ!
[PR]

by mach540 | 2005-11-14 19:57 | 色々
2005年 11月 10日

ETH200と省エネ

ショートヘアーグラスのみの水景だとヒーターが水草等で隠すことができず目立ち、とても気になります
d0020436_20374675.jpg











そこで、ニッソーの外部式オートヒータープライムETH200というものを入手しました。
これは水槽の中ではなく外部式フィルターのホースに接続して使用するもので、完璧に水槽内からヒーターを隠すことが出来るグッズです

現在は販売されておらず、また故障なども多かったらしく信頼性は今ひとつなのですが、水槽内からヒーターを簡単に無くせるということで導入しました。

使用感は今のところ良好で、25度に設定した温度もバッチリでています
サーモの音がカチカチしますが、我が家の場合、キャビネットに入っているので音も気になることはないです。

ということで、個人的には大満足なのですが、外部フィルターのホースの途中に流れる水を温めるという方式ですので普通のヒーターに比べ効率が悪く電気代もかかってしまうと思われます。
そこで、原始的ですが、水槽周りの温度維持の強化をしました
d0020436_20525245.jpg











以前ワゴンセールで安く購入して、使っていなかった「あったかボード600」
これを水槽の背面に設置し、照明消灯時には水槽前面にも設置して、水温が外気に触れ逃げるのを減少させようという訳です
(「あったかボード600」が発熱するわけではなく、ビニールコーティングされた、ただのスポンジみたいな物です。身の回りの物でいくらでも代用出来るでしょう)

d0020436_20574368.jpg












元々「あったかボード600」は一枚で、背面、側面を保温するものでしたが、側面は、器具が邪魔ですので、半分に切って、フックを取り付け、取り外し自由に改良!
簡単な加工ですが使い勝手もよいです。

「なんちゃってミスト」の上にそのまま設置したのでバックスクリーンが黒になってしまいました。
魚や、水草は、気持ち黒の方が映える気がしますが、個人的には「なんちゃってミスト」だけの方が好きです。 まあ冬の間は何か明るい色のバックスクリーンを付けたいと思います

d0020436_20575599.jpg















消灯時は前面にも付けて、こんな感じになります
おそらく、少しは省エネになってるとは思いますが・・・・



d0020436_21104370.jpg


黒い方が魚やエビにはストレスが溜まらなくていいみたいです
たまには、夜の草原もいいですね
[PR]

by mach540 | 2005-11-10 21:18 | 便利グッズ・DIY
2005年 11月 07日

30キューブCRS水槽崩壊

残念ながら30キューブCRS水槽のCRSの☆がまた発見されました。
さすがにこれはマズいと思い、この水槽から生体全てを急遽60石組み水槽に移す事にしました。
魚たちは、全て元気に居ましたが、CRSを数えてみると、なんと4匹の赤ビーしか発見できず
気づかないうちに黒ビーが全滅してしまいました。
赤8匹、黒3匹、計11匹でスタートした水槽だったんですが、まさかこんなに一気に崩壊するとは思いませんでした。ちょっと甘く見ていた自分に反省です。

30キューブ崩壊の原因が分かりませんが、この際完全にリセットしてまたやり直そうと思います。でもCRSは、また☆にしてしまう恐怖がありますので、30キューブで飼うかどうか悩んでいます。残りの4匹がオス・メス居るとは限らないのでこのまま60水槽で飼うのが一番長生きできるかもしれませんし・・・・
d0020436_1953079.jpg
引越し先の60石組み水槽の石影に隠れています。

ゴメンよ~





しかしCRSって難しいですね
さすがに今回の件でだいぶ凹みました。




でも30キューブにいた魚たちは、大きな水槽に移れてなんだか喜んでいるみたいです
d0020436_19532311.jpg

      豪華!ハステータス ・ コリドラスピグミー ・ テトラオーロの混泳!!
      楽しそうに、伸び伸び泳ぐ魚たちに救われた気がしました。
      写真がイマイチでこの三種の可愛さが伝わりにくいですけど
      ほんと微笑ましいんですよ 


d0020436_19533427.jpg


      ピグミーコリを尾行して泳ぐハステータス。
      やっぱりハステータスは、いつも追いかける方なんですね 
      この水槽は、ショートヘアーグラスのみなので、水草の陰とかに隠れることなく
      魚たちが愛想振りまいてくれるので見ていてとても癒されます。
      もっとしっかりして、みんな長生きしてもらわないと!
[PR]

by mach540 | 2005-11-07 20:32 | トラブル